スポンサーサイト

  • 2017.01.31 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    寺院用の僧侶雪駄

    • 2016.08.04 Thursday
    • 11:09

    JUGEMテーマ:くつ・ブーツ・サンダル★大好き

    寺院用の僧侶雪駄

    お寺でお仕事されている住職さんの寺院用の僧侶雪駄を今日はご紹介させていただこうと思います!

     

    ずばりその名の通りお寺の住職さまやお坊様が履く雪駄草履(ぞうり)でございます♪

     

    普通の雪駄と違ってソールが黒いですが、このウレタン底といのは耐久性がありつつ、さらにクッション性も兼ね備えた、お坊様の足元にもやさしい作りの雪駄なのです!

     

    先週も京都市内のお寺にお住まいの住職さまに5足と、あとお寺の受付やお守りを販売している事務所と呼ばれる社務所で働くスタッフ用に5足と合計10足のご注文をいただけました♪

     

    本当にありがとうざいます。

     

    そうですよね。

     

    そりゃぁ便利ですよね。

     

    住職さんやお坊様、僧侶さまと言えども今やインターネットショップで注文するのが当たり前ですしね。

     

    僕の中でどこかでこういうお寺様系のお坊様の職業って、ネット感が無いような気がしていましたけど、そんなはずがありません!

     

    思い返してみれば、実家のお墓が遠すぎるのでネットでお墓参りみたいなものも昔からあったような気がします!

     

    さらには『僧侶・お坊さん宅配便』という新たなサービスが登場していると先日ニュースでも見ましたしね♪

     

    この僧侶手配ドットコムみたいなホームページは1回のお布施料金35000円統一と書いてありました。

     

    いやはや。僕は法事とか葬式・何回忌の時とかお坊さんにいくら払ってるとか知りませんしね。

     

    今は両親が払ってくれていますが、その内に僕も体験する事でしょう。

     

    そうなると、お墓が無い人にとっては、供養の為にどこの何宗のお坊さん・僧侶さまを呼ぶかなんて関係なく、ある程度の値段でお経を読んでいただき、供養できている形だと良いような時代に突入してるような気がしてきました。

     

    やはりこれも時代の流れでしょうね。

     

    僕の家は兵庫県市島町に墓があるので、その近くのお寺の住職さんにお願してますがね。

     

    ▼こんな感じでお墓に死んだおじいちゃん・おばあちゃんの骨をお墓に納骨してもらいました。

    僧侶雪駄を履いて納骨

    ▲何でこれを撮影したかと言うとこの僕の家の専属の兵庫県丹波市市島町にある高野山真言宗・大勝寺の住職さまも白い鼻緒の僧侶用雪駄を履いてたんですね!

     

    おおおーーー

     

    やっぱり全国どの住職・僧侶さま・お坊さんはこの僧侶雪駄履いてるんやなぁと実感♪

     

    納骨作業も初めてで忘れもしませんが、お坊様が僧侶雪駄草履を履いてるリアルな実際のシーンも忘れるものか!

     

    という気持ちで撮影しました。

     

    ユニフォーム専門店の制服道場!のマートン店長でした。

     

    ▼そして最後に僧侶雪駄草履の雨の日用というのもありますよ♪

    雨の日用の僧侶雪駄草履

    ▲クリックで販売ページへGO!▲

    スポンサーサイト

    • 2017.01.31 Tuesday
    • 11:09
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -